2011年09月30日

☆レズは公開処刑!? 北朝鮮

北朝鮮では同性愛者として捕まると、

「死刑」

にされるそうです。

北朝鮮向けラジオ放送の自由北朝鮮放送によると、
北朝鮮当局が同性愛を

「風紀紊乱罪(社会風俗と道徳を乱す罪)」

ではなく、

「資本主義思想に染まった罪」

として公開処刑することを明らかにしたそうです。


同性愛って資本主義とは無関係な気がするんですが・・・
どういう理屈なんだろう。


実際に北朝鮮では先日、
在日の女性同性愛者らが摘発されて公開処刑となったそうです。

北朝鮮当局は、公開処刑した理由について

「女性らは家に集まり、淫らな行為をした」
「日本から習ってきた腐った資本主義思想に染まって、風紀紊乱行為をした」

ことをあげているそうです。

日本って同性愛ってそこまで広まってないし、
資本主義思想とも無関係ですよね・・・。
posted by たなかさん at 19:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月29日

☆女性6人監禁事件を報道した記者が『国家機密漏えい罪』!?中国

中国の34歳の洛陽市局幹部が、
ナイトクラブやカラオケバーで働いていた女性6人を、
地下室に誘い込み、最長2年にわたって監禁し、
その間、性的暴行を繰り返し、
反抗的だった1人をほかの5人への見せしめとして殺害、
もう1人も拷問で殺していたそうです。

その殺害された2人の女性の遺体は、
地下室に残されたままだったというから、
おぞましいですよね。

しかし金に困っていたこの男が、
女性のうち一番言うことを聞く23歳の女を売春させようと外に連れ出したところ、
隙を見て逃げ出され、通報されて発覚するという事件がありました。



この男には妻も子供もいたそうですが、全然気づかなかったそうです。

家族には警備のアルバイトをやっているとウソをついては地下室に行き、
月の半分は家族と、残る半分は地下室の女性たちと過ごしていたそうです。


seidobou.jpg


その監禁部屋は、60cmほどのトンネルをほって、
地下室のさらに地下に二部屋を作り上げつくられていて、
通路にはいくつもの鉄の扉が設置されていたそうです。


食事は二日に一回で、
長い期間の監禁で女性たちも精神がおかしくなっていて、
犯人の男を「兄さん」「旦那様」と呼ぶようしつけられ、
今晩誰が犯人の男と寝れるかを争っていたそうです。


最初の報道では、女性たちを救出した警察官の証言として、

「監禁部屋は地下に掘られた穴倉」
「ひと一人が腹ばいになってようやく通れる穴を通らなければ入れない」
「汚物と湿気で異様な臭気がする地下室へ入った」

と言われていましたが、後から公表された監禁部屋の写真は、
コンクリート壁の普通の地下室で、
乱雑ながらもベッドや家具も備えてありドアもあったそうです。


・・・60センチの穴が本当だとすれば、
どうやってベッドや家具を運び込んだのでしょうか?


ひどい事件ですが、しかし、ここからがいかにも

「やっぱり中国だな」

と思わせることが起こります。


この事件は報道されるまで、現地公安当局内部で

「極秘内部機密」

として扱われていたそうです。

警察の幹部にも事件の全貌が知らされないようにするなど、
秘密主義が貫かれ、驚くべきことに、
犯罪にかかわった可能性があるとして、
監禁されていた女性も拘留されているそうです。


地下室から無事に救出されたと思ったら、
今度は警察に監禁されたわけですね。



また、この事件を報道した記者は、
洛陽市の共産党委員会の幹部2人に取り調べをうけ、

「誰が情報提供者か教えろ」
「おまえは『国家機密』を犯した可能性がある」

と脅されたそうです。


身の安全に恐怖を感じたこの記者は、
ブログで取り調べの詳細や電話が盗聴されていることを公開。

「実際には、我々が入手した情報は報道よりずっと多い」
「皆さんが周知している事情で、本紙の報道は最大限に控えめかつ冷静に処理した」

と同記者はネット上でつぶやき、
世論による監督・支援を呼びかけた直後、
家族を連れて洛陽市を離れたそうです。


命の危険があるというのは大げさではなく、
以前には、地溝油(下水油:排水溝や下水溝の油をで食用油を作る)問題をネットで取り上げた記者が、
メッタ刺しにされ殺された事件もあったそうです。


国際ジャーナリスト連盟は、
これらの悪質な犯罪を報道した記者が、
事件に巻き込まれて殺害されるなどの被害が出ていることについて声明文を発表し、

『政府が罪名「国家機密漏えい」を濫用してメディア関係者を抑圧している』

と非難したそうです。



国家ぐるみで隠蔽するところが、
いかにも中国と言った事件な気がします。

市局の幹部が関わっていたから、隠蔽しようとしているのか、
それとももっとなにか隠さなければならない何かがあるのか・・・
posted by たなかさん at 18:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月28日

☆「日本の大地震をお祝います」呆れた韓国人

9月27日に韓国・全州で行われたACL準々決勝第2戦、
セレッソ大阪―全北の試合で、
全北のサポーターが試合中、観客席に、

「日本の大地震をお祝い(し)ます」

と東日本大震災を中傷する内容の横断幕を掲げました。

kankoku_sapota.jpg

セレッソ大阪側の指摘を受けて途中で外されたそうです
また、セレッソ大阪側はアジアサッカー連盟に抗議文を提出したのだとか。


許しがたいことなのですが、ある韓国メディアは、
この時の写真を日本側がモザイクをかけずに掲載したことについて、

「物議を醸す出来事を報じる際には観衆の顔をそのまま露出させてはいけない」
「特定人物の人格を毀損することになる」

と逆ギレしたそうです。


日本のマスコミは韓国を賛美するばっかりで、
こういう事実をあまり報道しませんね。

こんな韓国人みたいな連中と友好なんて無理でしょ。
posted by たなかさん at 19:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。