2012年06月08日

☆韓国の老人が明かす真実「慰安婦?嘘だよ。当時は同じ日本国民。そんな事したら大騒ぎになるだろ」

日本人が朝鮮人女性を強制連行して売春婦にしたという、

「従軍慰安婦問題」

なるデマを理由に今でも韓国は日本に噛み付いています。


強制連行どころかかなりの高給だったため、
朝鮮人女性が自ら売春婦になりたいと殺到していたことや、
朝鮮人業者が日本軍のフリをして朝鮮人女性を騙していたことも、
とっくに明らかになっているにも関わらず、です。


12月10日、日本会議川崎北支部主催で、

元韓国空軍大佐 崔三然

の講演会が行われたそうです。
彼の従軍慰安婦に関する講演が興味深いので紹介します。


「韓国の日本大使館の前に、慰安婦の石像を建てる話などが持ち上がっている」

(※講演が行われたときはまだ未完成で今では撤去するしないでもめています)

「とんでもない、慰安婦達は大変結構な給料をもらって働いていたのだ」

「もしも皆さんが、中国や韓国が本当に事実を知らずに南京大虐殺や従軍慰安婦問題を言っているのだと思ったら、それは大間違いだ」

「彼らはわかって言っているのだ」

「そうして日本の反応を引き出し、それをまた材料にして騒ごうと思っているのだ」

「日本はそんな手に乗ってしまってはいけない」




日本がいくら論理を言っても言うことを聞かず、
意味不明なことばかり騒ぎ立てる韓国人や中国人を、
反日教育でウソを信じ込まされているという点では彼らも被害者だと思っていましたが、
やっぱり本当は南京大虐殺も従軍慰安婦もデマってわかって言っているんですね。

デマとわかっていて騒ぐなんて卑劣な連中ですよね。
冷静に反論するか、黙殺するかするのがいいのかな…

posted by たなかさん at 11:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月07日

☆「苦情受け付けない」と宣言で波紋!?コスト削減で格安料金のスカイマーク

1998年に運航を始めたスカイマーク。

8646e103.jpg

最近参入が相次ぐ格安航空会社(LCC)に対抗するため、
低価格を維持するために経費削減を進めています。


そのスカイマークが、
機内の座席ポケットにこういった内容の文書を5月中旬から機内に備え付け始めたそうです。

c571bca0.jpg

-------------------------------------
「サービスコンセプト」

スカイマークはより安全により安くを前提にしているので、

「荷物の収納を手伝いません」
「客室乗務員に丁寧な言葉遣いを義務付けておりません」
「客室乗務員のヘアスタイルやヘアメイクは自由」
「会社支給以外のポロシャツかウインドブレイカー以外のファッションは自由」
「客室乗務員は保安要員で接客要員ではありません。乗務員の私語に関する苦情は聞きません」
「幼児の鳴き声に関する苦情は受け付けません」
「地上係員との説明と食い違う場合は客室乗務員の指示にしたがってください」
「機内での苦情は一切受け付けません」
「これがわからないなら定時運行順守のために退出を」
「不満があればスカイマークお客様相談センターか消費生活センターへ」
-------------------------------------



分かりやすくいえば、

「スカイマークでは客の手伝いなんかしないし、
服装もネイルも何でも事由だし、
ペチャクチャしゃべってるけど文句あるなら乗らなくていいんで」

ってことかな。


数年前からスカイマークではこのコンセプトでやっていたそうですが、
利用客らからいろいろな問い合わせを受けたためコンセプトをあらためて明文化したそうです。


これは、かくいう私も同じなんですけど、
格安料金ではあってもサービスは他と同等のものを求めるしけた客が多くて、
スカイマークもウンザリしたのかな?


高い料金を払う奴ほど注文が多そうですが、
実際は逆で、安い金しか払わない奴ほど要求やクレーマーも多そうだし。
(でもさすがに乗務員の私語に文句言うなはビックリですが)


このスカイマークに対し、他の航空会社からは、

「航空業界の評価を下げかねない」

と懸念する声が漏れているそうです。

また、この、

「苦情は機内ではなく消費生活センターに」

と書いてある件に対して、

「東京都消費生活総合センター」



「消費者基本法も苦情を適切処理することを事業者の責務としている」

とスカイマークへ抗議することを決めたそうです。

お前らスカイマークがやるべき仕事をこっちにおしつけんなよって話ですね。


これに対しスカイマークの広報担当は

「センターは公的機関なので当社の苦情を聞いていただいてもいいと認識している」
「抗議があれば対応を検討したい」

と話しているそうです。


日本人は努力して、
高品質でありながら低価格な電化製品をつくったり、
街の食堂であっても決め細やかなサービスを提供してきましたが、
価格競争が行き過ぎて、ついに、

「安かろう悪かろう」

の域にまでいってしまっているのかも。


日本語もろくに話せない上に遵法精神もない、
逮捕歴のある元中国人運転手を雇って、
居眠り運転されて大事故を起こした高速バス会社もありましたね。


価格を安くして、金持ちでない大勢の人間にも、
いいものが買える様になったり、
楽しい経験ができるようになっていく社会はすばらしいと思いますが、

「安ければなんでもいいってわけではない」
「安さの裏でなにかを犠牲にしているかも」

こういったことも考えてみるのも必要なのかも。
posted by たなかさん at 14:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月04日

☆「恥を知れ」「日本から出て行け」吉本興業の本部前で抗議行動!?

お笑いコンビ

koumoto.jpg
「次長課長」の河本準一

年収数千万円ありながら、
母親に生活保護を不正受給させていた問題で、
抗議の声があがっています。

そんなわけで河本が所属する吉本興業に対するデモに、
ネットでの呼びかけを通じ約170人が集まり、
吉本興業東京本部(東京・新宿区)前で、

yosimotokougi.jpg

「所属タレントとその親族がどれほど生活保護費を不正受給しているのか、
それを徹底調査の上でつまびらかにして、吉本興業を挙げて生活保護費を返還することで社会的責務を果たせ」

という抗議文を提出。
吉本側は社員ではなく、警備員が受け取ったそうです。

参加者の中からは
「恥を知れ」
「日本から出て行け」
といった声も上がったそう。


呼びかけ人

「今回の問題については吉本興業も会社として責任を免れ得ない」
「抗議を通じ我々の怒りを表明し、拡散したい」

と話していたそうです。


吉本がろくに給料を払わず、
芸人に生活保護を指南してうけさせていたとしたら、
吉本が払うべき金を納税者に肩代わりさせていたことになりますね。

吉本が関わっているのは明らかなんだから、
こういうのはもっとどんどんやってほしいですね。
posted by たなかさん at 16:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。