2013年06月13日

☆「果物を頬張るカニクイザル !」

マレーシアのクアラルンプール郊外で
誰かが置き忘れたフルーツを頬張る
カニクイザルたち。

首都の郊外には野生のカニクイザルが
生息している。

カニクイザル.jpg
posted by たなかさん at 18:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月12日

☆「ミステリーサークル?」

インドの首都ニューデリー郊外の
ナジャフガルにある畑に7日縦55メートル
横46メートルほどの「ミステリーサークル」ならぬ
「GEサークル」が出現した。

環境保護団体グリーンピース・インディアが上空から撮影した。

畑を刈りこんで書かれた「遺伝子組み換え」を表す
「GE(Genetically engineered)」の文字に
否定の意思を示す斜線が引かれている。

インド議会が先ごろ可決したバイオテクノロジー規制局
設置法案への反対表明として、
環境活動家20人ほどが制作したという。

ミステリーサークル?.jpg

posted by たなかさん at 16:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月10日

☆「巨大アヒル」にお別れ」

香港のビクトリア・ハーバーでは9日
約1か月にわたって中国全土にブームを
巻き起こしてきた黄色いゴム製の
「巨大アヒル」に別れを告げようと
大勢の群衆が港に詰め掛けた。

この日が公開最終日となった全高
16.5メートルの巨大アヒルは
オランダ人の芸術家
フロレンティン・ホフマン氏の作品で
5月2日からビクトリア・ハーバーに
浮かんで地元民や観光客の人気を集めていた。

香港の街角に便乗商品や便乗メニューなどが登場した一方
中国本土でも各地で作品をまねた巨大アヒルが続々出現。

中国共産党の機関紙「人民日報」が
「創造性に欠ける海賊行為」と非難したほか
天安門事件から24年を迎えた6月4日には
有名な当時の写真の中の戦車を黄色いアヒルに
置き換えた画像がインターネット上に出回り
「黄色いアヒル」という語での
検索ができなくなるといった騒ぎにもなった。

アヒル.jpg



posted by たなかさん at 19:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。